未分類

ビハキュアは妊娠中や授乳中にも使用可能?判断方法や使用時の注意点などをご紹介!

この記事では、ビハキュアは妊娠中や授乳中にも使用可能なのか、調べた結果をまとめます。

妊娠中・授乳中にビハキュアを使用する上での判断方法や、使用時の注意点なども紹介します!

妊娠・出産によるホルモンバランスの変化で、自分の肌の変化を感じている人や、美白化粧品を使い続けてもいいものか…と悩んでいる人はぜひ読んでくださいね。

ビハキュアは妊娠中・授乳中でも使用可能!成分の危険性から使用できる理由を紹介!

成分名 危険性 妊娠中・授乳中における安全性
トラネキサム酸 なし 外用であること。
化粧品には数%しか含まれていないこと
アルブチン ほぼなし ハイドロキノンと比較して刺激性が極めて低い

上記は、ビハキュアに含まれている主な気になる成分を表にしました。

ビハキュアに限らず、現在日本で販売されている医薬部外品の美白(※)化粧品は、妊娠中・授乳中の使用は問題ないとされています。

(※)メラニンの生成を抑えて、シミ・ソバカスを防ぐ

特にアルブチンに関しては「妊娠中・授乳中に使用するのは推奨しない」という医師や、使用をNGと記載している情報も一部あります。

推奨しない理由としては、敏感肌の人がアルブチンを使用することで赤みや皮むけなどの炎症を発症する人もいることからでしょう。

妊娠中は、ホルモンバランスの変化によってバリア機能が低下し、乾燥やかゆみを引き起こす場合もあります。

そのため、妊娠して肌の乾燥が気になっていたり、かゆみがある人はアルブチンが自身の肌に合うか注意したほうがいいかもしれません。

トラネキサム酸は、美白(※)有効成分でもあり、抗炎症作用もある成分です。

(※)メラニンの生成を抑えて、シミ・ソバカスを防ぐ

トラネキサム酸は化粧品には数%しか配合されておらず、また、外用で使用することから危険性はほぼないと言われています。

また、授乳中の使用に関しては、ビハキュアは外用の化粧品であることから、使用しても取り込まれる血中濃度は極めて低いと考えられます。

母乳は母親の血液から作られる仕組みですので、授乳中でのビハキュアの使用は心配ないと言えますね。

ビハキュア公式サイトはこちら

ビハキュアの妊娠中・授乳中の使用が不安なら少しずつ使ってみよう!

  • 使用料を減らして使ってみる
  • 回数を減らして使ってみる(朝・夕2回のうち、1回の使用)

ビハキュアの成分は妊娠・授乳中には心配いりませんが、それでも心配な場合は少し使ってみると良いでしょう。

ビハキュアの基本的な使い方は、朝・夕2回の使用で、化粧水・美容液・乳液など基礎化粧品を塗った後に使用し、集中ケアとして気になるお顔の箇所に重ね塗りします。

使ってみて肌がピリピリするようであれば、使用を止めましょう。

ビハキュアは、初回1,980円(定価の8,000円オフ)で購入できるキャンペーンも行っています。

回数縛りのないコースなので、肌に合わなかったらすぐに止めることができるので心配いりません。

ビハキュア公式サイトはこちら

ビハキュアを妊娠中・授乳中に使う時の注意点

  • 乾燥・かゆみ・湿疹などの肌には使用を控える
  • かゆみや赤みが出たら使用を止める
  • 決められた用量を守る

ビハキュアは、妊娠中・授乳中に使っても問題はありませんが、上記の症状が出ているときは使用を止めましょう。

肌の調子が悪くないときに使用しても何も問題はありませんが、特に肌のバリア機能が低下しているときに使用すると、かゆみや赤みが出たりすることがあります。

特に、妊娠中はホルモンバランスの変化によって、様々な身体の変化が起こります。

また、妊娠・授乳期間中は、メラニンが増加して肝斑が増えたり、黒ずみ、色素沈着が起こりやすくなりますが、決められた使用量より多く使うのは止めましょう。

妊娠・授乳の期間が終わればまた身体も元に戻っていきますので、それまで待ってからケアするといいですね。

ビハキュアの妊娠中・授乳中の使用についてまとめ

ビハキュアの妊娠中・授乳中には使えるかについてまとめました。

ビハキュアに使われている成分は、妊娠中・授乳中に使用しても心配ありません。

妊娠中・授乳中はシミ・黒ずみなどいろんな肌トラブルが本当に気になりますよね。

ご自身の肌の状態を見ながら、使える化粧品を判断して選んでいくことが大事です!

美白(※)へのこだわりの強いビハキュアで美しさをキープしていきたいですね。

(※)メラニンの生成を抑えて、シミ・ソバカスを防ぐ

ビハキュア公式サイトはこちら